介護保険法改正成立・障害者虐待防止法・社会保障と税調査会・函館で講演など

2011年06月17日 11:12

[flickr id=”5841234302″ thumbnail=”thumbnail” overlay=”true” size=”medium” group=”” align=”right”] [flickr id=”5840686647″ thumbnail=”thumbnail” overlay=”true” size=”medium” group=”” align=”right”] [flickr id=”5841233024″ thumbnail=”thumbnail” overlay=”true” size=”medium” group=”” align=”none”]

6月11日函館で講演。北海道の介護の民間事業者団体である民介協道南支部での研修会で「介護保険改正と次回の報酬改定について」国会での議論や付帯決議を含め、今後の展望を話し、皆様からもご意見をいただく。介護事業所業者にとって安定的に事業展開ができるためには、介護人材の確保や介護報酬は最大の関心事。現場の声を聞きながら、またより良い制度にしていきたいと思う。

14日火曜日は厚生労働委員会で「障害者虐待防止法」が議員立法で提案され、委員会の総意で委員長提案となった。児童・高齢者・女性等の虐待防止法に次いで、障害を持つ人の権利養護にまた一歩前進。この日の衆議院本会議で可決、参議院に送られた。早い成立を願う。

15日、参議院本会議で介護保険法改正が可決成立。厚生労働委員会ではこの日、予防接種法の改正法案を審議。法務委員会では「東日本大震災に伴う相続の承認又は放棄をすべき期間に係る民法の特例法案」が被災県出身の階猛先生等の提案で審議、可決しました。これは普通、相続は、自分に相続があるというその事実を知った日から「3か月」が承認・放棄の期限となっており、今回の震災関係では「6月11日」がその期限となる。しかし現地もまだ混乱にあることなどから、「熟慮する期間を今年の11月31日」まで延長するというもの。相続には借金や負債もあるころから配慮したもの。報道等で被災地の皆様に迅速にこのニュースが伝わることを期待します。

この日午後の本会後でこの改正案は通過しました。また「障害者基本法の改正案」も上程され、目的規定が「等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重される」に改正、「発達障害」を明記することや、医療介護に加えて「保健」の明記、バリアフリーの交通施設の拡大、その他が盛り込まれました。

また税制改正では、地方税等の改正、所得税法の改正も。

さて、党の「社会保障と税の調査会」も今週は連日、総会を開いた。政府が6月20日には成案を、という”日程”のなか、集中議論。消費税アップをめぐっては党内、異論のほうが多い(ように感じられる)。何より政府の検討案では、年金・医療・介護の「安心」が見えにくい。「このような、年金や安心の医療や介護が提供されるのなら、財源確保のために他にないというなら、税の引き上げも仕方ないね!」と国民の皆様が納得していただけるような提案がないと、難しいアジェンダでもある。しかし、国の財政は支出より税収が落ち込んでいるのも事実。どうするのか?この仕事は政治家の責任でもある。

今日も午後から総会。さてー。

今週は日本看護協会の新会長はじめ役員の皆様がご挨拶に会館に。看護職の労働問題や特定看護師等の課題を前に進めたいと力強いご挨拶。議員連盟会長の鳩山先生を囲んで1枚。

ログイン