官邸で野田総理に要請・子どもの未来を守る女性議員ネットワーク

2011年09月16日 10:28

9月15日、官邸で野田総理に要請!子どもの未来を守る女性議員ネットワーク、衆議院参議院の1期生27名で構成、私が代表を務めております。「壮観ですね!」と、ずらり並んだ女性議員に笑顔でおしゃりながら、私たちの分厚い政策提言を受け取っていただきました。

私たちネッワークでは7月以来、岩手・宮城・福島の現地で、復興に子どもたちの声、子育てをする家族の声などを反映すべく、「子どもふっこう会議」などを開催したり、保育園・幼稚園、学校の現地を視察、心のケアの専門家などからのヒヤリングなどで、まとめた復興への提言です。

人生の始まりのときに想像を絶する体験をした被災地30万人の子どもたち、日本の未来を担う彼らの健全な成長こそ政治の責任!と強調して総理に手渡しました。

深い理解を示されて、「今後も応援団としてよろしく」と10分の会見は終了。

12日来、細野環境大臣、小宮山厚生労働大臣、中川文部科学大臣、平野復興大臣、輿石幹事長、前原政調会長への要請も終わり、これで各関係省庁の部門会議でも発信。三次補正や24年度予算等で獲得をこれからも頑張っていきます。

「子ども未来」では現地にこれらの報告に行き、今後も引き続き活動を進めていきます。

国会のなでしこ・オールジャパン! ”監督”の私もがんばっります!

ログイン