十勝で講演、池田町地域医療センターや新得町の施設を視察

2011年12月03日 11:16

 

11月27日日曜日十勝川温泉で、池本柳次道議主催のまちのらしさ再発見セミナーで講演。年金、医療、介護といった社会保障のこれからの姿、超高齢化を迎えるわが国の政策・制度設計などをお話しする。熱心な皆様からの質問続出、迫力ある集いでした。池本道議後援会の皆様に感謝!

28日は池田町の新設された公設民営の「いけだ地域医療センター」を視察。勝井町長さんのご案内で、病院に。近代的な明るい病院らしくないたたずまいの建物に、コンパクトな病棟、看護師の皆さんも意欲的に新病院に取り組んでいる様子が伺われる。東京に本部のある地域医療振興協会が道内初の引受となった。どこも医師不足看護師不足を抱えている公的病院ですが、池田町の取り組みに期待したい。

新得町では厚生会の「わかふじ寮」など障がいの方の支援施設を訪問。聴覚障害・言語障害・視力障害のある方が就労する木工場や特養、養護、グループホーム、ケアホームなどを視察。家具や木のおもちゃ、フロアーカーリングのストーンなど、素晴らしい製品の工程を拝見。東日本以北でこのような方の入所はここだけ。昭和28年の篤志家による創設以来の取り組みに、ご苦労をしのびながら敬意を表した次第。自立支援法から総合福祉法へと移行期の様々な課題を要望される。

”視力障害・聴覚障害を併せもつ障害の方もここで生活しているだけに、施設内の配慮、緊急時の配慮などは久しぶりの勉強になりました。

ログイン