山崎まやの国会・初質問

2009年11月27日 15:21

山崎まやの国会・初質問山崎まやの国会・初質問

11 月26日、青少年特別委員会で初質問しました!「児童虐待」についてと、「青少年の薬物乱用」について。福島大臣、厚生労働省の山井政務官、文科省の鈴木 副大臣が答弁。短い時間でしたが、「子どもの健全な育ち」に新政権が取り組まなければならない重要なポイントを質問しました。

「児童虐待」は平成12年に法律ができてからも一向に虐待が減少していないのです。しかも実母による虐待が主で、死亡する子どもも減らない悲しい状況にあります。

この委員会で、法律の改正も視野にありますので、私は専門分野の母子保健=地域の助産師や保健師が虐待予防・早期発見に取り組んでいることを紹介しながら、こどもの福祉には保健医療との連携、しかもタッチアンドゴーのような迅速な動きが必要だと述べました。

福島大臣が世田谷や横浜の保健師や助産師の虐待予防や子育ての活動に言及して、頑張りましょうと決意を述べてくださったのには感謝!

山井政務官からもエールが。

青少年の薬物乱用では小中学高校大学の教育パンフに一言進言。酒、タバコ、と同列に薬物の「健康障害」が一冊のパンフレットで示されていることにクレームを。大麻やドラッグ、薬物乱用は犯罪であること。しっかりした教育啓発が必要です。

文科省はどうも”ゆるい”省庁のような感じがしました。

ログイン