【山崎まやを励ます会】東京で盛大に開催!

2012年05月11日 16:42

5月10日、東京のインターコンチネンタルホテルにて、【明日の医療と介護を考える・山崎まやを励ます会】が、360名を越す皆様のご参加で盛大に開かれ、国会中にも係らず国会議員の皆様60人も駆けつけて下さり、激励を頂きました。この会がこのように盛会になりましたこと、ご支援いただいた皆様に深くお礼を申し上げます。有難うございました。

ご参加の皆様は、わが国の医療、看護、介護、福祉界の錚々たるオピニオンリーダーや現場の実践者、関連企業の社長さんはじめ皆様、JAの皆様、労働組合、生協等の皆様、大学関係者や研究者、また患者会の皆様や障害団体の当事者の皆様、そして長年の友人、旭川東高の同期生など、日頃から山崎が意見交換したりご支援頂いている皆様が、幅広くご参集いただきました。

多くの先輩議員の皆様がお越しでしたが、少ない時間のなかでしたので、中野寛成 社会保障一体改革特別委員会委員長、平野博文 文科大臣、松原仁 国家公安委員長、三井わきお 政調会長代理、高井美穂 文科副大臣、郡和子 内閣府大臣政務官、藤田一枝 厚生労働大臣政務官、松本剛明国対副委員長にご挨拶を、またご来賓から日本看護協会坂本すが会長さん、JA北海道の飛田会長さん(全中副会長)にご挨拶いただき、乾杯は長妻昭 元厚生労働大臣の音頭で。

司会は同僚議員の初鹿明博先生、有難うございました。

山崎からは、この2年8か月の国会議員活動を振り返って、ますますこの変革期に専門職議員としての役割の大きさを実感していること、これまでの経験を活かし、皆様の代弁者として、しっかり自分のミッションである社会保障改革=とりわけ医療や介護福祉の改革と、地元北海道の多岐にわたる地域の課題に取り組み、職責を果たしていく決意を述べさせていただきました。

久しぶりに会う仲間たちから,大いなる激励と元気を頂いたひと時でもありました。

ALSで人工呼吸器を使っている患者会代表の橋本みさおさんもご出席で、大きな花束をいただき、感激でした!あはきの会の与那嶺さん、DPIの尾上さん、自治労の西村さん、有難うございました。

皆様のご期待に応えるべくしっかり仕事をしてまいります!これからもご支援どうぞよろしくお願いいたします。

ログイン