5月12日は看護の日!北海道看護協会のイベント激励に。

2012年05月13日 11:02

5月12日は看護の日。全国各地で看護協会などが主催のイベントがこの1週間開催されています。

12日は札幌でも恒例のイベント開催。今年は新しくできた札幌駅から大通り公園までつながった地下街で、賑々しく!土曜日とあって、また場所も良く、昨年を大きく超える市民の方が立ち寄ってらした。看護職の、皆様、寒い中お疲れ様でした!

ナースの姿で写真を撮るこどもたちや、簡単な健康チェックも。新たに使った「血管年齢測定」が大好評と。さっそく私も指を挟んで測定してもらう。何と実年齢より3歳若く出ました!(この前の国会での健康診断では体内年齢40歳を記録しましたが)、秘書のK君は29歳の年齢どおり。

【看護のこころをみんなの心に】をテーマに20年を超えた看護の日。盛んになっていますね!

看護師不足に悩む北海道ですが、政権交代で、看護現場の労働の質を改善する政策や研修等の現場を後押しする政策が進んできたこと、私も微力ながら努力しましたが、看護職の仲間の先頭に立ってこれからもしっかり進めていきますので、皆様、ご支援よろしく!

こどもたちが将来なりたい職業で女子では看護師が毎年上位に。その夢を叶え、生涯現役で仕事ができるよう、環境整備を進めたいと思います。

ログイン