滝川市にて「医療・介護フォーラムin空知」開催、皆様ありがとうございました!

2012年09月24日 14:40

 
9月23日、日曜日。滝川市にて「医療・介護フォーラム2012 in 空知」を開催しました。約100名を超す皆様がご参加、地元滝川の医療や介護現場で活躍の皆様にも発言いただき、大いに盛り上がった会となりました。前田 滝川市長さん、市立砂川病院院長の小熊先生から来賓のご挨拶もいただきました。また近隣の市町村から市議さんなど議員さんたちもご参加。司会は滝川市議の柴田さん。私からは国政報告を含め、社会保障と一体改革で議論された具体的な姿や、我が国が人口減少と超高齢社会に向かう、モデル無き、これからの医療や介護の制度改革について講演。また空知の市町村での課題も織り込み、今後の在宅ケアの在り方について方向性をお示ししました。会場には地滝川をはじめ美唄、栗山、夕張、札幌からも参加していただき、うれしいことでした。地元のえべおつファミリークリニックの磯ドクター、保健師の佐川さん、ケア・コラボレートのケアマネジャー(看護師)の川口さんから、在宅訪問診療や介護保険、グループホーム、地域包括支援センター等での課題、地域連携で当面していることなど、問題提起をしていただきました。ご発言内容は、地元の各機関の連携で解決できることもあれば、制度や要件緩和など、国政の中で引き続き 取り組まなくてはならないこともあり、「問題は現場で発生している」ことを再確認させられたことでもありました。(写真は登場していただいた皆様と)日曜日の夕刻、一瞬、雷と土砂降りの天気でしたが、会が始まる頃には晴れて秋の風が吹くひと時でした。さて、夜のニュースでは、野田総理の強い要請にこたえて輿石幹事長再任が報じられていました。引き続き、社会保障改革にしっかり働いていく所存です。空知のみなさま、激励、本当にありがとうございました。

ログイン