水土里ネット北海道からの要請、美唄市長さんとの懇談など

2012年09月28日 13:02

 

9月26日、北海道の土地改良事業団体連合会の水土里ネットの役員のみなさまが要請に来室。農業と農村の整備対策予算の獲得に要請。また国営土地改良の大型事業も同様に、推進をと。先週は私も空知の穀倉地帯を視察したばかりで、実りの秋、収穫の様子を実際に拝見。今年はコメも農作物も良い収穫だった。

妹背牛の広大な国営事業で大型化した圃場は見事な光景で、その価値を実感した次第。

皆様の御要請にしっかり応えてまいります。

また今日、28日は美唄市長さんが病院事務長さんと来室。美唄の地域医療や保健医療福祉、市立病院の今後のビジョンを検討中で、意見交換をさせていただいた。人口2万人余の美唄の市民が安心して子供を生み、育て、そして自分の住み慣れた町で人生を終えることのできるコミュニテイと保健医療福祉の新たな仕組みができるといいですね。と、地域医療でこれまで私が研究や実践してきた経験から提案をさせていただいた。

さて,今日はこれから両院議員総会。党の人事など。その後、都内で講演。社会保障一体改革での在宅ケア・訪問看護ステーションの戦略など話す予定。

ログイン