国会内で看護議員連盟総会の開催、女性委員会など。

2013年12月03日 12:27

11月26日、院内で民主党の女性委員会の会合が開催され、全国から女性議員や元衆議院議員が参集。海江田代表の挨拶の後、 全国の津々浦々の市町村や都道府県議会、国政に女性議員を増やそうと、議論したところです。

講演では、国際的に我が国を代表して活動してらした緒方貞子さんをお招きして、アトラクテイブなお話を伺いました。来る統一地方選挙、そして衆参の国政選挙に向けて、しっかり党本部としても数値目標や方針を明確に、全面に出して支援してほしいものです。

11月28日は民主党看護議連の総会を開催。国会は衆議院で特定秘密保護法案が強行採決されるのか?といった緊迫した状況の中でしたが、長妻昭会長、赤松広隆副会長、柚木道義事務局長、古川元久衆議、林久美子参議、西村まさみ参議、藤田幸久参議はじめ、衆参の多くの議員が参集して開催されました。日本看護協会、全国訪問看護事業協会の皆様から診療報酬や当面する看護の課題の要請を受けたところです。厚労省看護課・医療課の担当からは「特定看護師(仮)」として3年にわたり議論してきた「特定行為に係る看護師の研修制度」として次期通常国会に保健師助産師看護師法の改正を提出すると報告されました。また民主党政権時に手掛けた、看護師の労働環境改善など医療機関の勤務環境改善の予算も積んであることから、診療報酬引き上げとともに看護関係の予算の年末の編成でしっかり獲得していきましょう。

20131128_12304420131126_153449_320131126_154249

ログイン