厚生労働委員会で仕事します!

2009年10月10日 17:00

厚生労働委員会で仕事

今週は大型の台風が列島を横断して、各地で被害も出ましたが、皆様は大丈夫でしたか?私は木曜日、大雨の札幌で道保険医協会の医師・歯科医師の皆様 と懇談していました。さて国会では[厚生労働委員会]と「青少年特別委員会」で仕事をすることになりました。がんばりますのでよろしく!

まず今週は北海道JAグループと議員との懇談会。JA厚生連の代表ともお会いし、現場のご意見を聞くことに。もちろんメインは農業問題の懇談でしたが、JAの会長さんからは介護事業もやってますので、本当に介護も必死ですよと直接言われる。

その介護保険を「持続発展させる1000万人の輪」の会の運営委員会に久しぶりに出席。選挙をはさんで3か月ぶりでしょうか。仲間の皆様から祝福さ れ、会の一員としても先頭に立ちたいと。弁護士の住田裕子さんは、法律家の目で見たサービス連携の重要さをおっしゃってましたが、新政府の審議会での苦言 も。認知症の家族の会の勝田登志子さんも富山からいつも参加。いつもアクテイブな発言に刺激されます。

会では、10月24日土曜日の午後、上智大学で開かれる「介護なんでも文化祭」の一こまで、石毛えいこさん、私、結城康博さんの3人で、介護保険のこれからを会場の皆様と一緒にトークします。ぜひ来てください!

水曜日は札幌で「北海道議会初の女性副議長・平出陽子さん」のお祝い会に。長い歴史の中で議会副議長に始めて女性ということです。道議会の女性議員 数は1割程度、地方議会議員にいたってはもっと少ないのです。もっとがんばらねば!衆議院も今回の選挙で民主党の女性議員が増えましたが、まだ「25%」 の世界標準値にはいっていません。その中で、今回、北海道選出の衆議院15名のうち私たち女性は4名。これは誇るべき数字だとスピーチしました。

木曜日、滝川に。市役所、市立病院、高齢者施設などをお回りしました。新病院が建設中ですが、医療状況が決して良いわけではありません。先日も医師 獲得に東京まで来たくらいです(私の事務所にもお寄りになりました)。明るい話題は、新しいプロジェクトで病気や障害を持った子供たちのキッズキャンプ事 業を展開し始めていると。本州からも難病などの子供たちが来て、豊かな自然と農と健康とヒトをつなぐこうしたプロジェクトで楽しむ。いいですね。もっと広 がって町の活性化になればいいなあと思った次第。本当にこうした資源は北海道にはあふれています。

台風とすれ違いで金曜日朝帰京。全国老人保健施設協会の創立20周年祝賀会に出席。古くからの仲間のドクターや看護師、理学療法の皆様に励まされて、嬉しいひと時でした。

20年前、病院と在宅の「中間施設」として誕生した老人保健施設。介護保険の中で成長をしてきましたが、在宅復帰支援施設としての役割を果たしなが らも課題も少なくありません。その20年、一緒にかかわってきた私としても感慨深く、長く会長を務められた山口昇先生と、昔話に尽きないことでした。

土曜日の今日は午後から都内で医療フォーラムに。

明日からの連休は旭川、道北中川に向かいます。

ログイン