稚内で【山崎まやと語るー医療・介護・地域包括ケアフォーラム】を6月22日開催!

2014年06月20日 10:38

稚内案内6月22日日曜日、午後1時より、稚内市ポートサービスセンター(稚内市開運2丁目)にて[山崎まやと語る「医療・介護・地域包括ケアフォーラム]を開催します。

おりしも本国会では「医療・介護推進法(一括法)」が成立。「サービス縮小・負担増!」と新聞に書かれたように、この法案、19もの法律を一括で提案審議したもの。全野党が反対する中、衆議院厚労委員会では審議時間も短いなかで”強行採決”,国会を通過したものです。中でも介護保険では、「要支援」といった軽度な人のサービスを介護保険からは受けられず、160万人もが、市町村の地域支援事業に移行するもの。市町村では受け皿が整備できるのか?  不安が広がっています。また特別養護老人ホームには「要介護3,4,5」の方しか入れなくなり、要介護の高齢者の漂流が始まりそう。また介護保険の一部負担も2割に増える方や、保険料も増加。

これでは消費税増税分は医療・介護・年金に、といったあの約束も反古に?夜会保養の改悪ではありませんか!

この4月からの医療機関の診療報酬改定も、実質マイナス改定。民主党時代に2回ほど引き上げして崩壊寸前の医療現場が一息ついたというばかりなのに、消費税アップ分も含めるとますます医療機関は厳しくなる。

今回の法改正について、この【稚内フォーラム】でしっかり解説し、皆さまと課題と共有したいと思います。地域の医療や介護をどう守り、創り上げていくのか?

2025年の人口減少と超高齢化の中、市町村自治体と住民の真剣な取り組みが急がれます。

稚内、宗谷、天塩など近隣のみなさまのご参加とご意見をお待ちしております!

 

ログイン