8月末北見・地産地消フェスタ・保育祭り・健康祭りなど・JPオホーツク南支部定期大会でのご挨拶など

2014年10月12日 11:06

フェスタ地産地消8月は夏休みと祭りの季節。北見市内でもビアパーテイと各種イベントがあちこちで。恒例の地産地消フェスタには北見だけでなく近隣の町村からも出店。今年のメインイベントはなんといっても牛の丸焼き!炎天下皆さんと一緒に楽しんだ。

 

Jp労組オホーツク南支部8月31日はJP労組オホーツク南支部の定期大会でごあいさつ。郵政民営化以後の困難な時期も住民の皆様にサービスを提供、人口減少の昨今、なくてはならない地域のインフラになっている。郵便、貯金、保険の3事業をうまく展開してさらに高齢社会の絆をつなぐサービスを期待したいと激励した次第。

北見保育祭り恒例のきたみ保育祭りもにぎやかに開催されていた。前市議の長南幸子さんと一緒に一回り。少子化って?というくらいに市内の子どもたちが集まってワイワイと。楽しいイベントに興じていた。民主党政権で、わが国初の「子ども子育て法案」を成立させ、しっかり予算も付けたが、ここにきて「幼保一元の認定こども園」など、予算カットで、経営に困難と手あげや撤退も出ていると聞くと、現政権の少子化への取り組みの本気を疑う気持ちになりますね。

ログイン