連合網走地域協議会定期大会でご挨拶など

2014年11月11日 11:32

20141108_13285311月8日、連合の網走地域協議会の第25回定期大会が北見で開催され、ご挨拶をしました。おりしも国会では「労働者派遣法」が改悪されようとしている攻防の最中でもあり、まずは労働法制改悪に団結して闘おうと激励の言葉を送りました。

今回の労働者派遣法改正案は「生涯派遣」で低賃金の若者を増やすような内容です。労働者を非正規に固定するようなことは、働くものだけでなく日本の国の方向性を変えるものでもあり大変危ういものです。分厚い中間層を壊していく重大な問題をはらんでいるもので民主党は断固反対の立場です。野党4党で「同一労働同一賃金推進法案」を衆議院に提出し、まずはここから制度化を進めようとしていることも報告。またホワイトカラーエグゼンプションも裁量なき長時間労働を増やすもので断固阻止しなければなりませんね。

現職の時、「過労死防止法」を取り組んだ私としてもこの過労死防止に逆行するような労働法制改革には怒りを持っています。

また「地方創生関連2法案」の国会を通過しましたが、中身も分権もない政府案には反対。地域主権をないがしろにし、地域再生に逆行します。地域主権は政策の1丁目1番地。具体策もなく、国が主導で都道府県や市町村に押し付けのプランなどで、地域が再生するわけもありません。分権なくして地方再生なしですね!民主党は「国・地方関係抜本改革推進法案」を野党4党で共同提出していることも加えました。米価対策やガソリン対策など、国民生活に資する具体的な施策を打ち出した提案です。

最後に来春の統一地方選挙必勝を目指して、北見から長南幸子さん、オホーツクから現職の日下太朗さん、網走から佐藤しんやさんを共に道議会に押し上げることをお約束した次第。

 

 

ログイン