クオータ制を推進する会(Qの会)で国会内で決起集会を盛況里に開催!

2015年12月16日 10:14

412月10日Qの会決起集会12月10日Qの会決起集会22月10日Qの会決起集会312月10日Qの会決起集会「国会に女性議員を増やそう!」。12月10日、衆議院議員会館でクオータ制を推進する会の決起集会を開催。国会は閉会中でしたが、政治分野における男女共同参画推進法の制定を進めている議員連盟の超党派の議員も全党から参加。全国から150名もの参加者があり、熱気にあふれる決起集会となりました。

現在、国会議員に女性の占める割合は衆議院で9,5%と世界190か国中154位と最低水準。男女格差も145か国中104位とこれまた最低水準から脱却できずにいます。

また地方議会では、女性議員ゼロ議会が全体の2割、町村では3割を超えています。この状況はアジア諸国、お隣の韓国・台湾にも大きく後れを取っており、すでに世界の潮流は【男女50・50】に。しかも国連の女性差別撤廃委員会からは日本政府は「クオータ制導入」と「民法改正」を勧告され来年3月までに回答をしなければならない状況。

現政権は職場における「女性の活躍推進法」を制定しましたが、最高の意思決定機関である国会や地方議会に女性議員を増やす政治分野では法的根拠はいまだ成立していません。

超党派の議員連盟では「政治分野における男女共同参画推進法案(仮称)」と「公職選挙法の一部改正案」の骨子をすでに確定し、各党に持ち帰っての議論が始まっています。

私たちはなんとしても来年1月4日からの通常国会でこの2法案を審議・成立させたいとこの日の決起集会では決議したところです。

女性たちの討ち入りのような熱気に前に並んだ議員さんたち、やる気になってくれたようですが、まだまだ闘いはこれからです!

女性議員を増やすことで平和と民主主義を守り、若い世代が夢を持って生き生きと将来を描けるように、子どもから高齢者まで安心して暮らせる社会を作るために、しなやかな運動を前に進めたい!と思うばかりです。

写真の1枚目は男性の高嶌さんが駆けつけてくれましたので1枚パチリと。

ログイン