今日は党首討論、鳩山総理VS谷垣さん

2010年02月17日 18:54

phpbVdbGWphpfQzznO午後から、今国会初の党首討論でした。傍聴に入りました。党首討論ですからさぞ、国家のさまざまな課題、国民生活に関わる未来志向の激論かと期待しましたが、自民党谷垣さんは予算委員会や本会議でも聞いた「政治とかね」のテープレコーダーのような質問で、3分の2の時間を費やしていました。なんともったいない!

鳩山総理は何度もそれに真摯に答えていましたがーー。

国会運営にも仕分けが必要そうです。旧態依然としたあり方に、新人は世間じゃこんなことは通用しないわよ!とぼやくことしきり。

夕方からの厚生労働省委員会でも長妻大臣の所信表明でしたのに、自民党は全員欠席!おやおや何かんがえているのかしら?

国会は国会議員の仕事場です。会社で無断欠勤したら給料が出ませんよ!また委員会に座っていても相手の答弁に納得いかないと(今日の予算委員会がそうでした),委員長の促しがあっても、質問の時間を質問もせずに1時間もただ時間を送っているのです。これってなんでしょう?仕事場で仕事しないサボタージュ?

とにかく世間とはかけ離れた国会の有様に、庶民感覚の私にはちょっと理解できないことが多すぎます。(写真は委員会室の光景と、討論を終えた総理にご慰労の握手をした場面です)

ログイン