厚生労働委員会で質問!医療保険法の改正など

2010年04月02日 18:58

phppTOTiXphpGoLEf2phptKBscD

今日は厚生労働委員会で質問に立ちました。医療保険法等の一部改正の法案です。皆保険のわが国ですが、保険財政の悪化は各保険者に保険料や医療費を重くのしかからせています。この経済不況下にあって保険料のアップは家計に大きく負担となります。その軽減策に公費投入や保険者間の支えあい(拠出)などで、当面の解決をしようというものです。これは高齢者医療制度に大きくかかわるのですが、私は長妻大臣に、この状況認識や、健康格差の実態、協会けんぽの諸問題など(これは北海道は一番保険料も高く医療費も使っている),問いつつ、皆保険堅持と、社会保障に生活重視と格差是正の新政権らしさを打ち出すべく議論させていただきました。

「鋭かったよ!」という意見や「大臣とかみ合った議論で良かったよ」とは同僚議員の言。とにかく国会というところは明日とか今日の午後とか突然に予定が入るのですから、それに対応しなければなりません。今回も昨日の夕方に、明日の質問を、と決まったのです。質問項目を事務方に出して、会合に行き、1時間で抜けて事務所に戻り質問の仕上げをしてーといった次第でバタバタの作業でした。

質問のなかで、日本福祉大学の近藤克則教授の研究の、所得階層や教育年限によって「健康に格差がある」、というデータを示して大臣に問いました。このエビデンスのある「健康格差」のデータを国会で示したのも初めてでしょう。わが政権は、所得や社会階層が病気や死亡率まで影響するような社会の「格差是正」を目標にしていますので、この観点から今後もいろいろ発言していくつもりです。近藤先生、有難うございました。

さて、東京は桜満開です!写真は我が家の裏庭の20本くらいの桜ですが、今朝は満開でした。いつもなら友人を呼んでわいわいお花見ですが、明日は新潟に視察です。お花見はいつのことに?

ログイン