猛暑の北海道・参院戦いよいよ後半に!

2010年07月03日 11:04

phpljNHa0phpmxUkcG

6月末から北海道は猛暑に襲われています。熱中症でお年寄りが何人も亡くなっているという記事を見ると、いつかのパリの猛暑を思い出します。まだ続きそうです。皆様、脱水に気をつけましょう。

梅雨のない北海道は、この季節、乾いたさわやかな大気と美味な大地の実りで観光シーズンたけなわなのですが、今年はシベリア暖気のせいだとか。初めて札幌で熱帯夜を経験。

この連日猛暑の中で二人の選挙区候補はいきいきと奮闘中です!

候補の本隊車の先乗り、後締めで医療や介護の現場にご挨拶、ご支援をお願いして回っていると、去年の自分の選挙を思い出します。懐かしいお顔の皆様にがんばっているね!テレビで時々見てますよ!と激励を頂いたり、一方で厳しいお声も頂戴しています。

とりわけ、障害を持つ方の就労支援や作業所を運営している方からは、「言い訳はいらないよ!」と、はなから厳しい言葉が返ってきました。

なにやってるんだ、遅いじゃないか、待てない!と。がんばっている現場の皆様から見れば、自立支援法もすぐにでもやめてしっかり障害者施策をやってくれないと、というお気持ちは良くわかります。

そんな状況で消費税なんていうなよ!とも。そうおっしゃりながら、財源は天から降ってくるわけではないから議論は必要だとも。

皆様は理解してますね、しっかり。政治家のリーダーシップこそが問われているのです。

政権交代を安定政権にするためには、参議院の議席獲得は必須!

ハーフタイムを終えて後半戦、岡田ジャパンのような意気込みで”勝つまでやるわよ!”

(写真は訪問看護ステーションを自営の仲間の山本さんと。道内2ヶ所の一つ、認知症の医療センターも開始した道央佐藤病院のみなさまと。精神科医療にもご意見いただきました。有難うございました!)

ログイン