臨時国会も閉会・秋の陣に向けて

2010年08月07日 19:21

phpTnnNhU猛暑の中、7月30日から8月6日までの臨時国会も終わりました。厚生労働委員会では社会保険病院・厚生年金病院等を存続させるために、この9月末で廃止となるRFO(機構)を2年延長する法案が通過。病院現場の医師や看護師・患者の皆様に安心していただけるよう、何とかつなぐことができました。しかし真の改革はこれからです!

また国民の皆様に,国費の使途で議員自らが態度を示す「歳費の返納」ができる法改正も通過しました。たとえば、参議院議員は7月11日に当選したのですが、1月分の歳費がでます。これはおかしい?という意見を踏まえ、日割り分を自主的に国庫に返納できるようにしたものです。

さて、この1週間、9月1日に予定されている民主党の代表選に向けた動きも活発でした。特に新人が「真の政治主導をめざして」勉強会を立ち上げたり、多々集まりがありました。いずれも与党としての責任を果たすべく民主党の骨格と国家像を明確にすべく、それぞれの立場で持たれたものです。闊達な意見が言える「民が主役」の民主党です!

ところで、いつものように会議から会議を、国会内、議員会館内を走り回るのですが、新会館の動線の長さはこれまでの比ではありません。すぐに8000歩くらいいってしまいます。部屋がどこか、どこにこの通路が通じているかのなど、なれない新会館。猛暑もあって疲れましたね。

さて、写真は母校の107回目の同窓会で、旭川の地元のお酒「高砂」の鏡割り。

明日8日から、久しぶりにデンマークとフランスの在宅ケア・高齢者ケアの視察に行きます。しばしブログはお休みに。日々のエピソードはツイッターをご覧くださいませ。

 

ログイン