代表選終わる、全員参加の政権運営を!

2010年09月15日 10:59

phpUNqMH7phpxaoMnIphpqBlyOm昨日の民主党臨時党大会、代表選は菅代表の続投ということで結果が出ました。小沢先生、菅さん、共々、互いの政策を、国民の皆様の前で論戦したいい機会だったと思います。国会議員票は200対206と拮抗。これをどう読むか?

412人の国会議員全員での政権運営を約束した菅代表。「半数は支持がなかった」ということを肝に命じて、今日明日の人事を行うことでしょう。

しかし、この代表選を通して、マスコミのありようやインターネット時代の情報発信とか情報操作といったことを、あらためて感じた方も多いのでは?何が真相か?目を凝らして新聞を読み、自分で考えなくてはならないようですね。

昨夏の国民の皆様による政権交代からちょうど1年。熱い期待に応えきれていない民主党への皆様の思いを、これからしっかり目に見える「変化」として実現していかなくては、厳しい審判となる。経済も雇用も医療や介護も、暮らしも、良くなったと感じられていない。この現状に私たちがやるべきことは明確だ。粛々と仕事をすることだ! 党大会に参加した国会議員全員がそのことを確認したことでしょう。

小沢先生、今後は一兵卒として国民のため、働いていくとご挨拶。存在の大きさを感じます。

「旭川市長選、しっかりがんばれよ」と、地元のことで背中を押されました!

さて、写真は昨日夕刻の、全国旅館組合若手後継者の会合での北海道の経営者の皆様と。

ログイン